手話、演劇、歌、名古屋近郊一宮市を中心に活動する杉野実奈

ろう被爆者公演

ろう被爆者公演

 

ドンが聞こえなかった人々

 

これは、歴史の彼方にしまい込んではならない事実なのです。

 

「ドン」とは、ピカドン、原子爆弾のことです。
1945年8月9日、午前11時2分、アメリカ軍B29爆撃機が投下した
原子爆弾が、長崎上空で炸裂、、、

 

語り継がれる被爆体験、今もなお続く被爆した人々や
家族の苦しみ、悲しみ。

 

では、聞こえない人々はどうだったのでしょうか。

 

ピカドンの「ドン」が聞こえない人々は原爆をどう体験し、
その人生はどうだったのでしょうか。

 

戦後40年の歳月が過ぎようとしていた、1984年、
全国手話通訳問題研究会 長崎支部による、体験の聞き書きの
取り組みが開始。

 

残像そのものとして脳裏に深く刻まれた、あの悲惨な光景を、
悲しみとともに逞しく生きてきた人生を、その手はようやく語り始めました。

 

数年かけて行われた聞き取りの様子は、1991年に写真集
「ドンが聞こえなかった人々」(豆塚猛著 図書出版文理閣)として出版。

 

証言者36名の語る手、今日までを見つめてきた深い瞳。

 

はじめてこの写真集を手にしたあの日から、伝えたい、
伝えなければならない思いが溢れ、自分にできる何かを探し続けています。

 

私のこの手が、真実を語り継ぐ手となれたなら、、、
今を生きる、未来を生きる私たちにできることが必ずあると信じて。

 

公演会

 

公演会演劇

 

 

トップページへ

 

トップへ戻る