手話、演劇、歌、名古屋近郊一宮市を中心に活動する杉野実奈

お客様の声

お客様の声〜公演アンケート

俳優館戦後60年特別企画 「60年目の暑い夏」(2005年7月上演) 

今回の作品を通して、手話というものへの見方がかわったこと、
そして手話劇というものから言葉としての手話を超えて、絵を感じ、
景色を観て、色を感じ、匂いを嗅ぐことが出来ました。
杉野さんの平和への思いの強さには思わずナミダ・・・。とても良かった

30代・男性

手話とほとんど顔の表情だけで表現するのは難しいな〜と思い、
すごいと思った。私は64歳なので戦中のこと少しと戦後のことは
よく覚えておりますので、よく理解できた。
ちなみに私の父は戦死しました。やはり永久の平和を願っています。

64歳・男性

きれいな手話に引き込まれながら、60年前にこの日本に起きた
悲惨な出来事を思いました。聴こえない人が当時何を感じ、
どう生活されていたのか知らずにいました。
語るべき人がこれからいなくなっていくんだろうな・・と漠然と感じ、
こうしてあの日のことを伝えている人たちがいることを心強く思いました。
私も子供たちにきちんと伝えたいと思います。

29歳・女性・ろう学校勤務

この公演をきっかけに新聞など戦争の話に興味がわき、いくつか読みました。
どれほど怖い思いをしたか、特に耳の聞こえない人、目の見えない人、
この公演で新たに感じたものがありました。

30代・女性

私は以前、全国手話通訳問題研究会・長崎支部で4年間活動していました。
「聞き書き班」の存在は知っていても、いつも他人事のようでした。
実際に被爆ろう者との関わりのなかで、彼、彼女たちの苦しみは計り知れない
ものだと実感しました。「ドンが〜」を採り上げてくださったことは
とても嬉しく、今日拝見しました。「平和」を考える、
また、聴覚障害者も戦争の苦しみの中、存在したということを、
演劇を通して世の中に訴えていって欲しいです。
最後に、核の苦しみは60年経った今も続いていることを
表現して頂けたらと思います。

女性

終戦の時を思い出しました。感動しました。来てよかったと思います。
ありがとうございました。

男性

普段、戦争のことを思うこともなく平和に暮らしていますが、
戦争を知らない私たちにとって、それを知り、改めて考えることは大切で必要なことだと思います。出来ることなら、
いま私が関わるろう学校の生徒にも見せて上げたいと思いました。

27歳女性・ろう学校勤務

両親から、夏になると戦争のことを聞きますが、あまり真剣に聞いていないこともあります。
原爆の体験者からの話は初めてですが、あまりにも悲惨な光景が現れてくるようで、なんと表現していいか分からないです。
ただ私に言えることは、戦争を二度と繰り返してはいけないということです。

女性

当時の様子を手話という技法で伝えるというのは説得力がありますね。
実奈さんの表現と手話から、悲しみと怒りを感じさせられました。

40代・男性

テレビなどで少し聴覚障害の方の被爆や戦争の体験を見聞きしたことがあります。
現在でも様々な災害などの情報が得られず、悲惨で不安な状況は多くあります。
軽度の難聴の私も聞こえなくなるということは確実で身につまされる思いです。

50代・女性

手話を初めて目の前で観ました。すごいの一言です。
またみたいと思いました。ありがとうございました。

33歳・男性

冷房を切っての演出も疑似体験できて良かった。
毎年この企画があればいいと思います。

30代・女性

手話劇は初めて。とても感動しました。
戦争のことを思う一日がとても大切なんだと、
今も戦争があちことで起こっている時、改めて真剣に平和を考えるべきですね。
また機会があれば観劇したいです。

55歳・女性

「手話で語る」のはとても良かったです。
また、冷房を切って公演したのは正解だと思います。
砂を敷き詰めた舞台も良かったです。笑顔、声、表情、とても良かったです。
初めて聞く聴覚障害者の被爆体験でした。

30代・女性

現在の世界状況を考えますと、若い方々に、「二度と繰り返すなこの悲惨さを」と、繰り返し繰り返し、
多くの人たちで叫び続けなければならないと思います。

女性

父が戦争体験者なので、子供の時から色々聞かされ、他の人からの話は避けてきました。
今回、手話がつくということで、ろう者と一緒にきました。ろう者が通訳を頼んだのではなく、選んで来ることができる条件に拍手です。

女性

夏が来るたびに戦争体験を新聞で読んでいます。毎年8月が近づくと、
戦争が終わって何年になるかな、と思います。戦争の苦しみ、悲しみ、
いろんなことが短い時間に表現され、とても感動した。これからも、
もっともっと、聞こえない方々の体験が語られていくといいと思います。

男性

迫真の演技で一緒になってウルウルしておりました。手話の勉強中なので、
分かるところもあり、良かったです。

60代・女性

手話で表現されることって、意外と健聴者でも理解できるもんだなと思いました。
ナレーションより、演者の動きに見入っていました。

20代・男性

父は長崎生まれなので戦争の話を聞いたことがありますが、
最近は話題にしなくなってしまいました。
しかし、これからも戦争のことを忘れず、
次の世代の子たち伝えていかなくてはと思います。

女性

とても良い公演でした。平和が一番です。子育て中の身でもあり、
子供達の未来のためにも平和な世の中であることを願っています。
こうした活動を陰ながら応援しています。

女性

私も戦争を体験しています。空襲にも遭いました。防空壕へも何度も入りました。
でも、原爆は体験しておりません。お話を聞いたり本を読んだりです。
今日のお話を聞いていたら涙が出ました。戦争は絶対してはいけません。
私も少しでも世界平和のお役に立ちたいと強く思っています。

80代・女性

手話に触れ、手の動き、表情で当時の大変さや苦労がひしひしと伝わりました。
素晴らしいです。もっともっとこういう場をたくさん作っていただき、ろう者の苦しみ、大変さを伝えてもらいたいです。感動をありがとうございました。

女性

手話を観るのが初めてで感動しました。戦争を知らない世代で、
戦争の醜さを実感しました。

30代・男性

手話と声が出ていてとても分かりやすかった。感動しました。

小学生・女性

今まで原爆とか耳の不自由な人のことなど、学校でほんの少し触れるぐらいで、
そんなに考えたことありませんでしたが、どれだけ大変なのか良く分かりました。
言葉だけでもゾッとするような表現があって、実際に体験するのは無理だと思いました。
戦争の時は苦労だらけだったのかと思うと、今生まれてきて良かったと思ったし、
戦争がこれから起きないと良いと思った。けど、今も戦争してるからなんでかな、
と思った。

小学生・女性

斬新な企画で、期待と好奇心をもって参加しました。
事前にチラシを見てイメージを膨らませて拝見することが出来ました。
期待通りの公演で感激しています。原爆や耳の不自由な方たちのことについて、
わずかですが知識があってみることができました。
そういうことを知らない世代の方たちにはどう映ったのだろうと思います。
朗読だけではなく手話の表現力がグッと迫ってきた作品、
杉野さんだからこその表現だと感じました。

40代・女性

演劇や芸術に縁のない、ろう者の方々にもこのような素晴らしい舞台があれば楽しんでもらえると思います。
是非今後も手話での企画を考えて頂ければと願っています。

女性

被爆体験を初めて聞きましたが、当時の辛い体験を想像すると胸がジーンとして、
涙が出ました。こういう機会が持てたことは良かったと思います。大変良かったです。

女性

息子たちも連れてこれば良かったと思いました。
戦争を知らない人たちが主流になり、戦争体験を聞くことすら無くなってきました。
今の日本が平和であることは、
多くの犠牲の上にあるということを私たちは決して忘れてはならないし、
そのことを子供たちに伝えること、教えることが親の役目でもあると思っています。
でも、自分が体験したことのない「戦争」を伝えることは難しい。
だから、このような舞台などに連れてくることで息子たちに伝えることが唯一、
私に出来ることではないかと思いました。
「暑い夏」を体験させて頂きました。心に響く舞台、ありがとうございました。

女性

戦争について伝えていきたいことを本や映画以外に朗読と言う形で、
聞こえない方たちにも分かるように手話を付けて頂くということはなかなかない機会で、とてもありがたかったです。
忘れてはいけないこと、大切なこと、聞こえない子供たちに伝えて頂けて、本当にありがとうございました。
また、手話は聞こえる私たちにも、目で見て心で感じることができました。

女性

16歳の時、夜B29が来るとき、母と妹たち別々でどこかへ行ってしまいました。
私聞こえない、暗いところいったけど、迷いました。私だけ大きい川の中逃げました。
朝になって家まで行ったけど、家はもう燃えていました。母も妹も会えない、
夕方になってやっと会うことが出来たのでほっとしました。
本当に戦争はもうやめたいと思っていました。

聴覚障害・女性

 

日常朗読企画 「本読ム夜」(2006年8月上演)

本当にすごいなと思いました。原爆の話は学校の授業で習うくらいでしか
頭に入れたことがなかったのですが、今回このような形で話を聞けたことを
嬉しく思います。戦争の恐ろしさ、人の命の大切さがヒシヒシと伝わってきて、
今日はとてもドキドキしました。

20歳・女性

朗読手話のみならず、杉野さんの表現のすべてがとてもよく伝えて下さいました。
おまけのライブも素敵でした。

54歳・女性

手話で話して頂いたので、戦争の怖さを知りました。なぜかというと、
学校では口話教育だったので戦争の怖さを感じなかったです。
これからも公演してもらいたいと思います。

54歳・聴覚障害・男性

初めて原爆体験を手話で見ることができました。何度もあった
体験話は聴こえない人には分からず、杉野さんの思いには
大変うれしく思いました。もっと色んな若いろう者の人たちにも
伝えて上げて下さい。

30代・聴覚障害・女性

素敵な公演でした。実際にあった話を手話に変えて公演するというのは、
私たち視覚障害者にとって、大変素晴らしいものであり、勉強にもなります。
気付かされた点もどんどん出てきました。今後も是非こういった企画を
設けて欲しいと思います。

32歳・視覚障害・男性

手話だけど音楽を見ているような気持になりました。
冒頭の挨拶の言葉に涙が出ました。

30代・女性

中途失聴で手話が分かりませんが、杉野さんの表情やしぐさから、
子供の頃に読んだ「はだしのゲン」を思い出しました。
聴こえない人はどんなに不安で恐怖だったかと心の痛みを思うと、
涙がでました。私は平和ボケしているのだと思います。
世界が混乱している中で、「戦争をしてはいけない」「いやだ」
と思うことはとても大切なことだと思います。

30歳・中途失聴・女性

沖縄やハワイへ行ったときに戦地を見てきて、そのたびに戦争の愚かさ、
むごさを感じました。公演はとても衝撃的で生々しく涙が出るほどでした。
杉野さんの表現力、表情、豊富な手話力、どれもとても素晴らしく、
手話学習者としてもいい勉強になりました。

45歳・男性

 

杉野実奈 手話朗読公演2010(2010年8月上演)

公演もコンサートも素晴らしかったです。戦争を知らない、
知ろうとしなかった自分にとって、とても衝撃的な内容で考えさせられました。
と同時に、そんな自分を恥じました。杉野さんの表現力に感動、拍手です!

48歳・女性

小中高等学校などでも伝えられると、
色々な意味で興味を持つ子供がいると思います。

55歳・ろう学校勤務・男性

原爆の恐怖が電球の光のみで迫ってきた。手話はわからないが、
少しずつ言葉と結びついた。戦争と原爆は絶対にいやです。
第二部のコンサートは、一緒に手話ができて楽しかったです。

以前、新聞記事で読んで、一度観たいと思っていました。
本当に素晴らしく、あちこちに広げていって欲しい。

52歳・女性

今までにない演出で感銘を受けました。ろう学校などにも
巡回公演して頂きたいです。子供とかかわる仕事に就いており、
自分も杉野氏のように伝えていかなければ、、と、
新たな刺激になりました。

25歳・ろう学校勤務・男性

 

 

トップページへ

 

 

 

 

 

トップへ戻る