手話、演劇、歌、名古屋近郊一宮市を中心に活動する杉野実奈

プロフィール

プロフィール

 

杉野実奈

  OWL ROAD アウルロード代表
  杉野実奈(すぎのみな)
  1974年1月5日生まれ
  愛知県一宮市出身

 

  手話通訳士・介護福祉士・
  舞台俳優・Sign Artist・
  JKC公認トリマーB級ライセンス

 

  愛知県立一宮北高校卒業
  日本福祉大学中央福祉専門学校卒業

 

 

 

社会福祉法人 京都聴覚言語障害者福祉協会・聴覚言語障害者総合福祉施設 
いこいの村にて、重度身体障害者授産施設・栗の木寮指導員(一年)、
特別養護老人ホーム・梅の木寮生活援助員(三年)勤務。手話劇を学ぶ。
聴覚・ろう重複センターNPO法人つくし(名古屋市)にて勤務。

 

1998年4月、名古屋シアター・アーツ俳優養成所
シアター・アカデミー四期生として入所。二年半学ぶ。

 

2001年10月、総合劇集団俳優館
「Fly Me To The Moon〜私を月に連れてって〜」に客演。

 

2002年3月に俳優館劇団員となる。
以後、2007年3月まで俳優館本公演作品・巡回公演作品に出演。

 

2005年〜長崎における ろう被爆者の体験を語り継ぐ手話朗読劇
「〜ドンが聞こえなかった人々〜より」上演活動を開始。

 

2007年11月 手話&ハーモニー「Wish Breath (ウィッシュブレス)」
(アコースティック系バンド)結成。

 

愛知県を中心としたライブハウス・学校(福祉授業など)
ストリートにて音楽活動を開始。

 

2008年3月〜2009年3月まで人形劇団むすび座・演技部に所属。
人形劇で全国の小中学校・幼稚園・保育園を巡回公演。

 

2009年 韓国春川(チュンチョン)市特別公演として手話朗読を上演。

 

2010年3月〜2018年1月 劇団アルクシアターに所属。

 

現在、フリーの舞台俳優、Sign Artistとして、舞台、音楽活動を通じ、
ろう者も聴者も共に楽しむことができる表現活動を展開中。

 

 

トップページへ

トップへ戻る