手話、演劇、歌、名古屋市一宮市を中心に活動する杉野実奈

手話習得のコラム

手話習得のコラム

こちらのページでは、
手話指文字五十音の補足となる情報を掲載して参ります。

 

 

 

ワンポイント手話講座
指文字濁点の表現
「が・ざ・だ・ば」行の指文字表現は、
横に引きながら表現します。

 

 

 

ワンポイント手話講座
指文字半濁音の表現
「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」は、
上に上げながら表現します。

 

 

 

手話ワンポイントレッスン 促音
促音(そくおん)とは小文字のことです。
「ラッコ」とか、「バット」とかの
小文字のっ、ッなどですね。
これは手を後ろに引く動作をします。

 

 

 

手話の指文字は、固有名詞や
難しい漢字の読み方などを表現する時に必要です。
お互いの知らない言葉を(手話がない、
わからない場合)伝える時にも便利です。

 

 

 

指文字は繰り返し練習することが一番の近道。
頭の中だけでもいいので、
目に入った言葉を指文字に変換するなど、
日常化すると早く覚えられると思います。

 

 

 

手話で長音、のばす音を表す時、
指文字長音の表現は、縦に表現するときは縦、
横に表現するときは横に人差し指で棒を引きます。

 

 

 

手話で拗音(ようおん)小文字(ゃゅょ)を
表すときの指文字は、少し後ろに引きます。
読み取り・表現、共に正しくできるように
頑張ってください。

 

 

 

手話で数の表現を勉強してみましょう。
1から10、11から99、百の位、
千、万と続けてご覧頂けます。
時間、日付の表現も合わせてやってみてね。

 

 

 

トップページへ

トップへ戻る